一心寺でのご納骨について

先日、あるお客様と天王寺にある「一心寺」にご納骨をお供させて頂きましたので、その様子を掲載いたします。

一心寺さんには駐車場がなくなったとの看板が出ておりました。公共交通機関をご利用ください。今回は、近くのコインパーキングに車を停めて歩いて入口まで来ました。山門に向かいました。黒い石壁の格子状の形はお釈迦様のお骨を祀ると言われている「サンチ―の仏塔」に現存するインド古代の様式だそうです。仁王さんは仏教の守護神で仏敵に対する攻撃と守りを表しているとパンフレットに記載されています。
IMG_0014

中に入るとすぐ右側に受付所がありました。

IMG_0019

申込み用紙が2種類ありまして、青色が永代供養で白色がご納骨のみの用紙とのことです。死亡年月日と戒名(法名)、本籍を記入しないといけないようです。

IMG_0057

申込用紙に記入して、受付所に進みます。

IMG_0021

受付所で申込み用紙と包んでいるお骨を見せます。受付の方が戒名などをおせがきの経木(お札)に書き写して左に進んでくださいとのことでした。納骨料をそちらでお支払いするそうです。納骨の料金はお骨箱によって変わります。今回は15000円くらいだったと記憶しております。その後、大本堂へお進みくださいと案内されました。

IMG_0024

靴はビニール袋(配布されます)に入れて本堂へ上がります。今回は平日でしたので、左側のみで法要されていました。受付けでもらったお札とお骨を台に置いて呼ばれるまで待ちます。正面の御本尊の裏側に入口があり、後ろの通路から納骨堂の方へ案内されます

IMG_0028

既存の左側の納骨堂が手狭な状況なので右側に新しい「お骨佛堂」が平成23年に出来たそうですが、平成29年予定のお骨佛は「納骨堂」に安置されるそうです。今年、納骨をすまされた方は、来春4月26日、27日に「年次納骨供養大法要」を執り行うそうです。納骨施主代表者様(受付された方)には、そのご案内のハガキが郵送されるそうです。その後、次期骨佛開眼までとくにご案内はいたしません。お盆、お彼岸などには随時お参りください。とパンフレットに記載されていました。

次期骨佛開眼は2017年初夏に造立されるそうです。

——————————————————————————————————————————————————————————————————–

パンフレットに記載されていた Q & A  がお役にたつかもしれませんので転記しておきます。

Q 納骨するには予約が必要ですか?

A 予約は出来ません。年中無休で朝9時から夕方4時まで受け付けていますので随時お越しください。(大晦日は午前11時で受付終了)

Q 一心寺と宗派が違っても納骨できますか?

A 一心寺は浄土宗のお寺ですが、宗派を問わず納骨をお受けしています。但し、一部の他宗派の方の納骨はお断りさせていただくことがあります。

Q 納骨するには何が必要ですか?

A 火葬許可証(証明書)を提出していただきます。紛失された場合は役所で再発行してもらってください。分骨の場合は、先に納めた墓地等の管理者が発行する焼骨埋(収)蔵証明書、または分骨証明書を提出して下さい。(提出類はコピー不可)

Q 田舎のお骨の遺骨を納骨できますか?

A 可能です。但し、現在納めておられる所の役所が発行する「改葬許可証」が必要です。遺骨は天日干しなどして乾燥させてください。土葬の場合は火葬(役所、葬儀社にご相談下さい)してからお納めください。

Q ペットの納骨も出来ますか?

A お断り致しております。

Q 納骨時の服装は?

A 特に決まりはございません。あまり華美にならなければ結構です。

Q 永代供養とはどうゆうことでしょう?

A 亡くなられた方の祥月命日(年一回)のお供養を、永代にわたり勤めさせていただきます。納骨とは別にお申込みが必要です。お申込みから三十三年間はご案内のハガキをお送りいたします。

Q 法要をお願いできますか?

A 常施餓鬼法要と特別法要(大施餓鬼法要)があります。常施餓鬼法要は毎日受付ています。予約は出来ませんので午前9時から午後4時の間に随時お申込み下さい。特別法要は予約が必要です。電話でお問合せ下さい。