葬儀の豆知識

  1. HOME
  2. 葬儀の豆知識
  3. お金の豆知識
  4. お葬式の平均金額

お葬式の平均金額

お金の豆知識

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
  • Instagramシェアボタン
お葬式の平均金額

一般社団法人日本消費者協会という機関が葬儀についてのアンケート調査を行っているというのはご存知でしょうか?実はこんな調査を行っているんです。
「葬儀費用、費用の決め方、実際にかかった費用」
気になる方も多いのではないでしょうか。

こちらのアンケートでは実際にかかった費用を以下の4つに分けています。

  • 通夜からの飲食接待費(お料理や飲み物代:支払先は料理屋さん等)
  • 寺院への費用(御布施:支払先はお寺)
  • 葬儀一式費用(〇〇プランと呼ばれたりする費用:支払先は葬儀社)
  • これらの費用の合計

そしてこちらがその結果をまとめた表です。

 全国平均金額近畿平均金額
飲食接待費33万9,000円10万3,000円
御布施44万6,000円48万3,000円
葬儀一式費用122万2,000円150万円
合計188万9,000円210万5,000円

いかがですか?おそらく「結構高いな・・・。」と感じる方が大半だと思います。

次の表は4つの設問への回答者の人数をまとめたものです。

 全国平均回答者数(回答率)近畿平均回答者数(回答率)
飲食接待費183人 (31.8%)2人 (0.003%)
御布施227人 (39.4%)3人 (0.005%)
葬儀一式費用218人 (37.8%)3人 (0.005%)
合計370人 (64.2%)10人 (0.017%)

このアンケートは、全国消費者協会連合会会員538名、日本消費者協会への葬儀に関する問合せ等を行った方1430名、消費生活コンサルタント52名の合計2,020名を対象に行ったものです。
この2,020名の中から有効な回答が得られた方が1,618名で、その内、直近の3年間に身内の葬儀があった方は576名でした。上の表は全てこの「576名」という人数が分母となっています。

現在この国では毎年約120万人もの方々がお亡くなりになっています。そして、先の大震災のような特別なケースを除いて、ほぼ同じ件数のお葬式が日本各地で執り行われています。つまり、直近の3年間に身内の葬儀があった方は、日本全国で360万人存在するのです。

私は、日本消費者協会さんのアンケートが間違っているとは決して思いません。私が言いたいのは、葬儀に実際にかかった費用を調べるのはとても大変なことである、ということなのです。

このアンケートの結果により判明した「葬儀全国平均金額188万9,000円」という数字は結構至るところで目にします。葬儀について特集したTV番組などではほぼ100%と言ってよいでしょう。

我々葬儀社はこのアンケートの中身を知っています。そして、それを逆手にとって「当社は平均金額より安い金額でお葬式ができます!」と宣伝している葬儀社が存在する事も知っています。

どうか、数字だけに惑わされないようお気を付け下さい。

参考資料:第10回「葬儀についてのアンケート調査」報告書
2014年1月31日 発行
発行所 一般社団法人日本消費者協会

紅葉山葬儀社の強み

紅葉山葬儀社が選ばれる理由、強みです。
ご遺族様、参列者様に心のやすらぎをご提供します。

ちょうどいい広さ
01

ちょうどいい広さ

家族葬に
ちょうどいい広さの式場。

花屋が母体
02

花屋が母体

花屋が母体の葬儀社なので新鮮できれいなお花をご提供。

駅から近い
03

駅から近い

最寄り駅から近く、
閑静な場所で葬儀ができる。

斎場が近い
04

斎場が近い

斎場が近いから時間にゆとりを持って葬儀ができる。

お得な会員特典あり
「もみじの会」入会はこちら
資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

06-6382-3442 24時間 365日受付しております。